ブログで稼ぐということを考えてみた。

へんな時間に目が覚めたので、昼間、クリッピングしていたエントリを読んだ。
Everything you've ever Dreamedーとあるブロガーたちへの鎮魂歌
この人の書いた記事。以前はけっこう読んでいたのだけど、こういうことを書く人だとは思わなかった。まあ書いた人のことは横において、書いたもの(テクスト)を読んでみよう。
昨今話題になっているブログを書いて飯を食うといった話ですね。いや、世間一般的に話題になっているのかどうかわからないんだけど。
さておき引用してみよう。

雑記ブログといういい加減な言葉を免罪符に、いかに広告を見せ、踏んでもらうかに注力した記事を書いた。

このあたりってのは、人畜無害だと思うな。好き勝手に書いて、適当な広告サービスを読者の判断で踏んでもらうっていうんだから。

ブログを読んでくれる人から直接カネを徴収することにした。クローズな課金制の媒体で、ブログの書き方という内容の薄い記事を書いた。

これ、最近、知ったんだけど、サロンというやつだね。ブログのコンテンツで勝負するのではなく、金を稼ぐノウハウをお金を払って、ご教示なさるという。ねずみ講マルチ商法みたいなんが思い浮かぶなあ。

小金持ちアッピールをツイッターでするのも忘れないようにしないと…、あっ!そろそろ年末なので、ブログ収益とPVの記事を書かなければなるまい。

私が先ごろ開設したツイッター。垂れ流しのタイムラインにもアッピールというか、洗脳的なつぶやきが流れている印象。これについては、私のフォローの仕方が関係しているということもあるので、責任の一端は私にあるな。

他人を騙さず、己の自由を守りながら、ブログで稼ごうとするなら正攻法でマトモなコンテンツを書き続けるしかないと僕は考えている。

ブログで稼ぐ云々にかかわらず、まともなコンテンツを書く(読ませる)っていうのは大事だと思うし、それを実践している人って、自然に稼げているんじゃないのかな。
ブログで飯を食う。
なんか素敵そうだよね。好きなことを書いてお金をもらう(本当は好きなことじゃないかもしれないけど)。でも私が気になるのは、なにかしらの生き辛さを抱える人々に、無闇に勧めるのはどうなのかな?