Mー1グランプリ2018を観た。

12月2日(日)。Mー1グランプリ2018を観たので感想をメモしておこう。

M-1グランプリ2018優勝は霜降り明星! 最年少コンビが初の決勝で戴冠
決勝には準決勝までを勝ち進んだ和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、かまいたちスーパーマラドーナジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップの9組と、2日に行われた敗者復活戦を勝ち上がったミキの計10組が進出した。

1本目。ジャルジャルを観て初めて大笑いできた。「ドネシア」「ゼンチン」ネタ。あとかまいたちが、正統派で勝負していて良かった。やっぱり上手いね。
そしてなによりもトム・ブラウン。審査員も言っていたけど、いったい何をやっているんだ!というばからしさがツボにはまった。出順が早かったら大会全体の空気も変わったんじゃないかな。
2本目。霜降り明星は順当。1本目は笑えなかったんだけど、2本目はネタも笑えたし二人の対照が絶妙だったな。
和牛。いつも二人で突き放すようなネタをやっていて、個人的には好きじゃないコンビ。でも今回の2本は趣向を変えていて、少しだけ好感が持てた。
その他。
審査員の上沼恵美子がうるさくて邪魔くさかった。ギャロップに対する「なにを学んできたの!」みたいな批評って暴言だし、場を白けさせるだけだったよ。
あと出順をおみくじで決めるのって、流れを断ち切るし必要ないと思う。勝負の場としての小道具ならば適当だと思うけど、観客が求めているのは、やっぱり単純に笑いたい、楽しみたいっていうのが本心じゃないかな。
(参考)
←ズイショ→ー「M-1グランプリ2018」感想文
(付記)
立川志らくの審査が、大会終了後に叩かれていたのは知っていたけど、文中では触れませんでした。私は、彼の審査に大いにうなずいていましたから。それを緻密に上手く書いてくれたのが、下記のエントリです。
石をつかんで潜め(Nip the Buds)-『M−1グランプリ2018』で立川志らくは何をどのように審査したのか。
(参考)
「クソが」「更年期障害かと」 とろサーモン久保田&スーマラ武智、M-1放送後の上沼恵美子への暴言を謝罪
上沼恵美子に噛みついた久保田らを「俺は批判できない…」と元M-1ファイナリスト