奇跡、妄挙、あるいは蹂躙

マーケットプレイスで購入した。

裂けて海峡 (新潮文庫)

裂けて海峡 (新潮文庫)

背いて故郷 (新潮文庫)

背いて故郷 (新潮文庫)

これに加えて既に持っている
飢えて狼 (新潮文庫)

飢えて狼 (新潮文庫)

を合わせて、志水辰夫、男の三部作、と書くと女性に失礼になるので「漢」の三部作を揃えたことになる。ん?この三冊は講談社文庫で持っているし、その在り処も珍しく把握しているぞ。
なぜこのような暴挙に出たのかというと、新潮文庫で刊行された際に筆者が文言を変更したという不穏な情報が入ってきていたのだ。しかも「裂けて海峡」の最後の言葉。
これは日本文学史上まれにみる名文なのだが、なんとなんと!それも書き換えられているとのこと。まだ見ぬ変更だが、奇跡となっているのか、あるいは妄挙、あるいは蹂躙となっているのか?とても楽しみだ。
しかし、志水辰夫を読む(読み返すのは何度目かなあ?)のは久しぶりでわくわくするなあ。
−−−
村上春樹の「ノルウェーの森」。これを刷ごとに購入して、本棚に並べている人がいるんだってさ。真偽不明だけど刷ごとに微妙にかき回し、じゃなくて書き回しが違っているんだそう。ウソかマコトか知らないけれども、そんな話を聞いたことがある。