又吉直樹「劇場」(新潮文庫)~四読目

読んだ。

劇場 (新潮文庫)

劇場 (新潮文庫)

単行本の時と合わせて四回目の読了。

四回目となるとさすがにお腹いっぱいの感がある。いや腹は減ってるのでいくらでも入りそうなものは、しっかりと入ると思うんだけど。

さて感想はというと・・・うむ、あまり書きたくないのだが。

嫉妬深く、口の減らない、ヒモ気質の主人公と(言葉は悪いが)ばかっぽそうなヒロインが繰り広げるおままごとが終始めぐる物語。

物語としては、良い意味で定形に沿っていて読みやすい。

でも主人公がこれじゃあなあ。

まいった。