2017年末、紅白歌合戦闘争記。

年末情景。
1.宝くじ。
十数年ぶりに買った。宝くじは「貧乏人に対する税金である」と思っているので(人の受け売り)、まったく興味がなかったんだけど、なんか予感がして購入に踏み切った。まあ予感というのは、ほとんど冗談で、年末の楽しみになるかなって思ってね。
ところが年末ジャンボの購入期間が終わっていて、1月9日当選発表の初夢宝くじっていうなんだか冴えないものになってしまった。さておき1枚200円のものが1枚だけ手元にある。こうなったら「予感」が当たればいいな。
2.年賀状。
いつもは年始に受け取ったものに返信する形で出しているんだけど、今回は、昨年じゃなくて、今年じゃなくて、やっぱり正しくは昨年の年始(面倒くさいなあ)に受け取った物を参考にして、年末に自主的に書いて送った。送ったのに返事がなくて涙を袖で拭ったり、住所が変わっていて出戻りさんになったりしたのがいくつかあってがっかりした(´・ω・`)・・・。
かえるくんのスタンプを押して送っただけどね。

3.忘年会。
友人とこじんまりしたのをやっただけで、地元の集まりは不参加にした。体調がボロボロで自閉症気味になっていた、というのは言い訳で、今の私には会わせる顔がないというのが正直なところ。
ーーー
さて本題。
紅白歌合戦に俄然注目した。エレカシ竹原ピストルが出るからだ。後者については紅白当日(すなわち大晦日)の朝刊に一面広告がでっかく出ていた。こちら。

スポンサーはサントリー。字幕はこちら。

撃て。竹原ピストル、今夜、心を撃ってくれ。歌え。竹原ピストル、今夜、弾丸のように。

朝から心が弾かれた。
さて、今回の紅白の見方やなんかをメモしておこう。
A:一人暮らしの部屋で録画予約しておいた。
B:実家でラジオを聴きながら出番を待った。
C:出番になったらリビングに飛んで行って生で観た。
まず、竹原ピストル。ジャニーズの小僧の前を通るときに「前を失礼します」って挨拶をしながら舞台に上がるところがよかった。演奏はというと、雄叫びが暑かったんだけど、基本2人編成だった野狐禅時代に比べると、盛り上がりに欠けたかな。
けろやん。ブログ。-野狐禅「日々、割れた日々」
さておき、NHK!時間を端折るんじゃねえよ!
エレカシはというと。司会の前フリが酷かった。宮本がしゃべっていると「熱いのはわかるんですよ、熱いのは。でも時間が押しているので演奏の準備を」みたいな。直前に出ていたAKBが時間を持っていったんだろうな。
さらにジャニーズ小僧の曲紹介も「エレカシ最大のヒット曲です」と来たもんだ。別に最大もヒット曲もわざわざ紹介しなくていいだろう?AKBや石川さゆりで「最大のヒット曲」とか言わないだろ?そりゃエレカシにヒット曲がないってことのあからさまな証左だけど、なんだかひどい扱いだったぞ。
さて、AKBとかは横において。
演奏は、ちんけな舞台背景が邪魔だったけど素晴らしかったな。宮本がピックガードなしの小汚いアコギをひっくり返して熱唱するところなんか、良い意味で「無様」で格好よかった。やっぱり熱いや。
で、NHK!こっちも時間を端折るんじゃねえよ!
結論。竹原ピストルエレカシいずれも紅白っていう舞台に合わないね。他のところで観たり聴いたりするもんだ。
エレカシ、渾身のDVD。

デッカイホールの映像(演奏)だけど抜群にいいよ。お勧め。