「紙」の復権

国語辞書が小学生に大ブーム

「電子辞書と比べると、紙の辞書にはいろんな言葉や意味を一覧できる“強み”がある。生徒に(紙への)切り替えを進める高校も出てきている」と同社。紙の辞書は着実に“復権”を果たしつつある。

ふむふむ。とてもよいことだと思う。精神年齢は小学生気分の私は、学習英和辞書を読もうと思い始めているよ。

辞書をひたすら読むスレ!!!!Part3!!(2ch)

先ごろ、進級した甥っ子、姪っ子にも、それぞれに広辞苑をプレゼントした。

広辞苑 第六版 (普通版)

広辞苑 第六版 (普通版)

第5版に比べて分厚くなって、冗談じゃなくて「バールのようなもの」として、人を殺める凶器になりそうな重さ。言葉の鈍器って感じだね。

■追記(6:25頃)
↑にリンクした2chに同じ記事のリンクがあった。

387 :名無しさん@英語勉強中:2009/04/21(火) 22:21:46
国語辞書が小学生に大ブーム
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090421/sty0904211316004-n1.htm

自作自演でも、パクッたわけでもないのだけどね・・・