nonecoさんコメントへの挨拶

幻のコメンテーターnonecoさんからお言葉をいただきました。

http://d.hatena.ne.jp/kerodon/20080411/1207863749#c1208084548

共感できる箇所と、「いや!それは違うだろ!!」と思う箇所がありますが。例えば、

ブログは、自分が何をしたかを書くなんだよ。解説上手なんて、意味ないよね、自己満足だよ。

前半は、理念、というか思いとしては正しいと思うけれども、それを公開したらヤバイな、と思うことがありますね。私も、時々、何処そこに旅に出たとか、演奏会に出たんだ!とか、嬉しそうに書きますが、恐いと思うし。身元がバレるとか。まあ、バレたらバレたで、と最近は考えていますね。大した人間ではないし。

で、引用箇所の後半について。「解説上手」が自己満足を含んでいるなあ、と思うときは多いですが、それはそれで無視して「上手」なところから、学ぼうかしらん!って考え方を変えてきていますね。例えば、id:muffdivingさんのところとかね。結局、考え方の問題だと思うな。

毎年、アフリカフェスがあって、スーダンも出展していたよ。政府系の役人みたいな人は暗い感じがしたけど、屋台のおっさんは、変な関西弁みたいな調子でエエ感じだったな。

ここは、激しく同意。ミャンマーの問題(最近、話題にならないね)が勃発したとき、少しか同じになっていたビルマ料理の店に顔を出したりしましてね。我ながら嫌な人間だと思いながら、テレビで問題が報じられている時に、店員さんたちの表情を窺ったりして。これは、繰り返すけれどもとても酷い噴飯物の行動だと思う。

しかし、その後、言葉を一所懸命選びながら、問題について話を切り出したら*1、とても興味深く勉強になった。

finalvent君は、どこにも行かないじゃないの。行っているなら書くことだよ。

ここは微妙。佐々木某氏が、「イラク?行きませんよ、そんなもの」と放言したりしてましたしね。参考:http://d.hatena.ne.jp/kerodon/20070805/1186265953。彼は、ITとか付いているけれども、(IT)ジャーナリストを名乗っているわけで。分野は違うにせよ、「行きませんよ、そんなもの」とか言っちゃうのは、ジャーナリスト全体への宣戦布告だと思いましたね。

まあ、他にも興味ある箇所があったのですが、時間が無いのでこの辺までで。

*1:もちろん、切り出した時点で、相手が少しでも嫌そうな顔をしたら直ぐに話題を変えるつもりだったが、相手も話したがっていたみたいで、長々と話した。